無料カタログダウンロード無料お見積り・ご相談フォーム
よくある質問
   

Q.yess建築は米国の技術を導入した建物と聞きましたが?

米国の技術をそのまま導入しただけでは日本国内で建設できません。日本の建築基準法やその他の基準に適合させる必要があります。yess建築は、平成19年の改正建築基準法にも準拠させるべく、他社に先駆け、独自の技術理論を基にシステム建築業界で初の「構造一般評定」を取得しました。即ち、法適合のみならずyess建築の構造安全性が立証されたということです。
無料カタログダウンロード無料WEBお見積り

愛媛県で工場建築・倉庫建築を行うなら

愛媛県でNO.1を目指す倉庫建築プロ集団